イーサリアム・ETH

イーサリアムの特徴と今後の価格は?

現在、ビットコインの次に総資産額の多い(第2位)仮想通貨がイーサリアム(通貨名はETH・イーサ)になります。そのイーサリアムの特徴と、今後の仮想通貨投資での購入はアリ?についてお伝えします。創始者はロシア人のヴィタリック・ブテリン氏が創始者。2013年、19歳のときにブロックチェーンプラットフォーム「Ethereum」(イーサリアム)を考案し、今現在、若干23歳というから驚きです。

ちなみに「Ethereum」(イーサリアム)はブロックチェーンプラットフォームで、「ETH」(イーサ)が仮想通貨となります。

■イーサリアムの特徴は「スマートコントラクト」という技術

イーサリアムの特徴は「スマートコントラクト」という技術を採用しているという点が特徴となります。イーサリアムのスマートコントラクトで何ができるかとういうと、過去に交わされた契約内容をネットワーク上で半永久的に保存することが可能なことです。今現在ですと、契約書と作りその後、請求書を発行し、領収書を送付みたいな事しなくてはいけません。

しかし、イーサリアムで送金すると、債券、証券、契約書のような情報を付加した取引が可能ですので、企業間のやり取りや、契約書などを含めた送金が可能になるという事です。契約の経緯や権利譲渡などのすべての契約履歴は、分散型ネットワークであるブロックチェーンに書き込まれ保存されます。

■イーサリアムを支援する企業は?

EEAという団体がイーサリアムを支持ししており、参加企業は30社以上で、その中にはマイクロソフトやインテルなど。日本企業ではトヨタ自動車の子会社や三菱UFJフィナンシャル・グループなど、名だたる企業が参加しています。

■ビットコイン(BTC)が金ならば、イーサ(ETH)は銀

ビットコインが仮想通貨の基軸であり金とするならば、イーサは銀のようなポジションというイメージですね。実際に時価総額も第2位ですし、

イーサリアムはビットコインと同様に、採掘(プルーフ・オブ・ワーク)によって新規発行されていますが、将来的にはプルーフ・オブ・ステークに移行することになっています。

■仮想通貨投資での購入は有りor無し?

結論からいうと、大アリです。

私自身、長期投資のガチホしてますし、買い増しもしています。それと同時に、仮想通貨はボラティリティが高く、上下の価格変動でスイングでもトレードしてます。日々のお小遣い稼ぎ的な感じで。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

LINE@登録

仮想通貨7つの投資法

仮想通貨のおすすめ投資方法!

これから仮想通貨投資を始める方におすすめ

これから仮想通貨を購入しようと思っている人に↓↓↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. 仮想通貨の始め方

    ビットコインや仮想通貨の購入方法
  2. 仮想通貨7つの投資方法

    【2018年度版】仮想通貨7つの投資方法
  3. サイリンラボトークン・SRN

    【買い増し!】SRNは仮想通貨で100倍銘柄候補の訳とは?広告塔はメッシ!
  4. マイニング

    ビットコインや仮想通貨のマイニングってなに?
  5. 仮想通貨の安全な保管方法

    仮想通貨の安全な保管方法・BLOCKCHAINの導入編
PAGE TOP