仮想通貨7つの投資方法

【2018年度版】仮想通貨7つの投資方法

これから仮想通貨の投資を始める方に、最新の【2018年度版】仮想通貨での7つの投資方法をご紹介します。各投資方法の特徴やメリット、デメリットも記載してあります。一回のセッティングで毎日自動的にビットコインを増やす方法や、ファンダメンタル分析やテクニカル分析、また、バリューコインの売買など、あなたのトレードスタイルに合った投資法などありましたら、ご参考にしてください。

■1・クラウドマイニング投資法・自動的に毎日ビットコインを増やす

仮想通貨7の投資法の中で、一番、手間と時間のかからない投資法になります。クラウドマイニングとは、マイニング業者と契約し、マイニングで得た報酬(承認手数料)を利益として積み上げる投資法になります。

マインニング業者が保有しているのマイニングマシンのハッシュパワーの購入の割合に応じて契約金を支払います。もちろん、ハッシュパワーの購入割合が多ければ、受け取る報酬も比例して多く受け取ることができます。

その後、マイニングで得た報酬(承認手数料)からマシン管理費や、人件費、電気代等の運用に必要な経費と、マイニングで得た報酬の業者の取り分を引いた分が利益となります。また、利益は基本的に毎日受け取ることが可能です※諸条件や各業者により違いがあります。

■メリットは

マイニングに関する、マシン購入などの初期投資や、電気代などのランニングコストなどの煩わしい作業をすべてマイニング業者が負担してくれます。つまり、契約金を支払えば後は報酬を待つだけという投資法です。また、マイニングしている仮想通貨の価格変動により価格が上がった場合、投資パフォーマンスも上がります。勿論、デメリットもあります。

■デメリットは

マイニング業者が破綻リスクがあります。また、マイニングしている仮想通貨の価格変動により価格が下がった場合、投資パフォーマンスも下がります。また、マイニングする仮想通貨により、契約期間が決まっています。

※但し、今現在、マイニングマシンが枯渇しているため、各マイニング業者の売り切れ状態となっており、クラウドマイニングをしたくても出来ない状態が続いています。

■2・ソロマイニング投資法・マイニングで更に利益を獲得

ソロマイニング投資法は、クライドマイニングとは違い、マイニングに関するすべての事を自身で行いマイニング報酬(承認手数料)を受け取る投資方法です。

つまり、自分でマシンを購入し、自宅などにマシンを設置して、電気代の経費に加えマイニングプールの参加などを全て自分で行うマイニング投資法になります。

■メリットは

マイニングで得たマイニング報酬をすべて受け取ることができます。

■デメリットは

マシン購入費、電気代の経費に加え、マイニングプールの参加やマシンの設置場所などをすべて自分でしければなりませんので、ある程度の知識と、マイニング報酬と電気代なの経費との差額によっては、マイナス運用になる可能性があります。

■3・ICO投資法・利益目標は50倍

仮想通貨の「ICO」は株式投資いうところのIPO投資(新規公開株)になります。「Initial Coin Offering」の略で「クラウドセール」「トークンセール」などとも呼ばれます。

■メリット

将来的に購入した価格の10倍~1000倍のリターンを得る事が可能です。

■デメリット

価格高騰する時期が予想できない。詐欺案件が多い。

ちなみに、私がICOに参加するときには、必ずチェックを入れているサイトは下記になります。ここのサイトに記載されていない仮想通貨のICO案件への投資は避けた方が無難です。

・トークンデータ→ https://www.tokendata.io/

■4・バリューコイン投資法・割安感なコインを探す

現在、ビットコインをはじめとする仮想通貨ですがその数は、1300以上あります。その中で、評価を下回る価格の仮想通貨を見つけ出し、値上がりを期待するという投資方法です。株で言う割安株ですね。

ちなみに、仮想通貨の分析スキルでのポイントは、プロジェクトチームメンバーの経歴、参加企業の、その仮想通貨の特徴や将来性、他の仮想通貨との技術面での優位性などを加味しリサーチできるスキルが必要になります。

■メリット

割安のコインを見つけ出す事ができれば、購入価格の2倍~5倍ぐらいの利益を見込める。

■デメリット

仮想通貨の分析スキルがないとバリューコインを探し出すことが出来ない。

 

■5・アービトラージ投資法・取引所間の差額を狙う

日本をはじめ、海外にも多くの仮想通貨の取引所があります。ただ、ビットコインや仮想通貨の価格は一定ではありません。各仮想通貨の引所間の差額を利用した投資法。

■メリット

 

■デメリット

 

■6・エアードロップ投資法・定期的に配当を受取る

Airdrop(エアードロップ)とは翻訳すると「空中投下」という意味で、コインを保有しているだけで、コインを無料配当で受取る投資方法になります。XEM(ネム)でのハーベスティングも、Airdrop(エアードロップ)に近い報酬形態です。XEMのウォレットに預けている分だけ、追加のXEMがもらえる仕組み。※保有数量の下限あり。また、主な無料配布を行っている仮想通貨です。

NEO(NEO)・・毎日

Byteball(バイトボール)・・満月の日。

TenX・・随時

Bitcointalk・・随時

■メリット

保有しているだけで、保有数に対しての配当を受取ることができる。

■デメリット

配布での配当利益はあるが、その通貨の価格が市場の変動により、下がった場合損益がでる場合でさ配布時期が延期になったりすることもある。上記のバイトボールなどは、アナウンスでは毎月の満月とされていたが、11月の満月である配当日は翌月に持ち越されました。

■7・ビットコインFX投資法・テクニカル分析で利益を狙う

メジャーな取引所である、コインチェックやbitflyerでもビットコインの証拠金取引が可能です。レバレッジはコインチェックが5倍、bitflyerは15倍まで。短期間でのボラティリティが高いので、大きく利益を増やすことが出来ますが、その反対に思惑が外れた場合、多くの損益を出す可能性もあり、ハイリスク、ハイリターンの投資法となります。

■メリット

短期間でのボラティリティが高いので、大きく利益を増やすことが出来ます。

■デメリット

思惑が外れた場合、多くの損益を出す可能性もあります。


以上が私が実際に行っている仮想通貨での7つの投資法になります。また、各投資方法に関しては個別ページを追加して解説して参りますので、そちらもご参考にしていただければ幸いです。


LINE@版「仮想通貨トレード倶楽部」では、私が実際に購入しているバリューコインや、参加予定のICOなど、最新の仮想通貨トレード情報をいち早く配信しています。どんな情報を配信しているのかは下記のボタンをクリックすると配信内容をご覧いただけます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

LINE@登録

仮想通貨7つの投資法

仮想通貨のおすすめ投資方法!

これから仮想通貨投資を始める方におすすめ

これから仮想通貨を購入しようと思っている人に↓↓↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. 仮想通貨の始め方

    ビットコインとは?
  2. 仮想通貨の情報収集サイト

    仮想通貨投資でのお役立ち情報サイト集
  3. イーサリアム・ETH

    イーサリアムの特徴と今後の価格は?
  4. 仮想通貨の安全な保管方法

    仮想通貨の安全な保管方法・BLOCKCHAINの導入編
  5. 仮想通貨の始め方

    ビットコインや仮想通貨の購入方法
PAGE TOP